TOPIX(東証株価指数)とは

不動産投資をする場合、色々な手段を使って情報を収集するものです。株式投資の専門家に意見を求める人もいれば、経済紙などを購読して勉強する人もいます。最も一般的な方法としては、経済新聞を利用するという手段があります。
新聞であれば、毎日新しい情報を仕入れることができます。インターネットも最近は活躍していますが、経済新聞にしか掲載されないような情報も多いのです。コラムや企業の最近の動向などを知るためには、新聞を活用することは最低限必要と言えます。
新聞の株式指標欄では、東証株価指数(TOPIX)を見ることができます。これは、東証一部の株式の全銘柄を対象として、株式市場全体の動きを表しているものです。日経平均株価のように選抜することはなく、発表するのも東京証券取引所となっています。海01
この株価指数は、東証一部の時価総額を使って計算されています。1968年1月4日の時価総額から、現在どれくらい増えているかを表しています。ちなみに、1968年当時の時価総額は8兆6000億程度ありました。
日経平均株価に比べると、市場全体の動きを的確に反映すると言われることがあります。ただし、ベースとなるのが時価総額なので、発行株式数の多いものに左右されやすいという側面を持っています。