上場会社って何?

新聞の中を見ていくと、株価が表記されているページがあります。様々な業界・業種の株式会社の株価が示されているのです。広く大々的に株価が公表されている会社は、一般的に上場会社と言われています。
具体的にどのような会社を指すのか、ここで解説していきます。上場の意味について述べていきます。
株式が上場している会社の数は、およそ4000社と言われています。国内には何百万もの会社が存在しますが、上場しているのはごく一部ということです。株式投資をする場合は、この上場している企業の株しか売買できないことになっています。
上場していない会社のことは、非上場という扱いになります。株式会社は大きくこの2つに分類することができるのです。上場企業のほとんどは全国的に名の通った会社ですので、知っている人がほとんどのはずです。沖縄01
株式を取引所に上場させるためには、条件をクリアする必要があります。取引所によって基準が異なりますので、どの取引所で上場させるかもポイントになってきます。
株主数・株式数や事業継続年数、資産額などの基準が厳しいのは、東証一部です。厳しい条件の分、安心して投資できる株式が多いとも言えます。東証二部や東証マザーズなどの取引所もあり、それぞれ違う基準値となっているので、注目してみるといいです。