時価総額って何?

新聞に掲載されている株式指標欄の中には、様々な情報が盛り込まれています。その中から、時価総額に着目して解説していきます。
これは会社の株価を、発行済みの株数で掛け合わせたものから算出されています。会社の価値を表す指標の一つとされており、上場企業は自社の評価を高くするために努力をしているのです。
総額を高くするためには、株価が上昇するか、あるいは発行済み株数が増加する必要があります。企業のブランドイメージを向上させることで株価が上昇するので、その結果、総額が大きくなるという仕組みになっています。
企業の価値が高まることで得られるメリットは色々あります。まずは、投資ファンドによる企業買収のリスクが低くなるということです。買収するためには多くの株を手にする必要があり、ファンド側も費用がかかる企業は狙いにくいという傾向があるのです。海05
また、自社株を利用して企業買収をすることが楽になるというメリットもあります。企業買収をする際には、現金以外に自社株を利用することができます。総額が大きくなれば、買収対象となる企業の数も増えることになり、会社の規模を大きく広げるチャンスもあるということです。
株式市場における立ち位置が良くなれば、投資家たちにも注目されます。結果、企業が成長することになるわけです。